こんにちは、恋愛セラピストの玉川(HaNA)です。

今回は私の人間不信の根っこを紹介します。

私はずっと、自分の人間不信の原因がわかりませんでした。

それは、原因が記憶に残る以前・・・生まれて間もないころだったからです。

今でも記憶としては思い出せませんが、色々な人の話を聞き、そこから当時の状況を想像して、

やっと見つけてあげることができました。

赤ちゃん

私が生まれて半年ごろのことです。

当時、私が寝ている間、母は、短い時間、買い物に行くことがあったそうです。
コタツの上にミルクを置いて出かけ、帰ってくると、そのミルクを一人で飲んで寝ていたこともあったそうです。

その状況を、私は想像してみました。

母が出かけ、幼い私は目を覚ました。

まずはきっと母の姿を探すでしょう。

・・・でも見当たらない。

まだ生後半年の子どもですから、きっと私は、泣いて母を呼ぶでしょう。

お腹空いた。

おむつが気持ち悪い。

さびしい。

恐い、助けて。

しかし、どれだけ泣いても、叫んでも、母はおろか、誰も来ません。

そして私は、

母の姿を求めたのか、

空腹に耐えられなかったのか、

自力で寝床をはい出し、

かろうじて手が届くコタツの上のミルクを見つけ、飲む。

お腹が満たされ、泣き疲れもあり、その場で、眠りにつく。

そんなことを繰り返していた・・・としたら。

それはまだ半年しか生きていない命にとって、

どれだけの恐怖か。

小さい体で、全力で泣き叫んでいるのに誰も助けてくれないのは、

どれだけの絶望となるか。

私はカラオケが大好きなのですが、ある一定の高音を出すのが苦手です。

その音程の上も下も出せるのに、そこだけが出せない。

ある日、その疑問が解決しました。

ボイストレーナーの先生に相談したら、その人はこう言いました。

『その音程は、子どもがオギャーって泣く音程ですね』

かつて、

助けを求めて、

愛を求めて、

力の限り泣き叫び続けて、

それでも望みが叶えられなかった悲しみ、恐怖、絶望。

そのツラさをもう味わいたくなくて、私はその音程で叫ぶことを止めたんじゃないだろうか。

そう思ったら、自分がその音程が出せないことが、とても納得出来ました。

私には、子どものころの記憶があまりありません。

どこの学校に通い、どんなことを学んだのか、『事実』としての記憶はありますが、

どんな気持ちで、誰と過ごしていたのか・・・『感情』の記憶がほとんどありません。

数少ない『感情』の記憶で最初に思い出すのは、

7才のとき、暗い部屋でふとんにくるまり、一人で月を見上げ、

「神様、みんなに迷惑をかけずに死ぬにはどうしたらいいですか。教えてください」

と、声を押し殺し、泣きながら祈っていたことです。

たった半年で、命を脅かすほどの恐怖や絶望を、

たった7年で、すでに死ぬことを望むほどの苦しみを、

私は背負っていたのです。

誰が悪かったのか、何がいけなかったのか。

今となってはわかりませんし、それを追求する意味もありません。

ただ、私は、それだけのものを背負いながら生きていた・・・それは事実でした。

・・・我ながらよく生きてきたなと思います。

だから、私は【生きる】ことに貪欲です。

恐くても、苦しくても、絶望に押しつぶされそうでも、

・・・とにかく生きる。

もしこの記事を読んでいるあなたが、本当に誰にも理解されない深い悲しみや恐怖、絶望に一人で悩んでいるなら、

まず【生きる】ことを自分と約束してあげてください。

生きる覚悟があれば、どんなことも乗り越えられます。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。