こんにちは、恋愛セラピストの玉川(HaNA)です。

今の状態がイヤ。
今の自分が嫌い。

だから、今を、自分を、変えたいんです!!

セラピーには、そんな思いを抱えた方がたくさんいらっしゃいます。

セラピーに来る前から、インターネットで情報を検索したり、本やココヘルのコラムを読んだり。
あれこれ試行錯誤しながら、行動してみたり。

そんなふうに、とても真剣に自分に向き合っています。

ネット

一方で、

どうせ、がんばってもムダ。
もうそんなに頑張りたくない。
私、そんなに努力できない。
大変なのも、つまらないのも、もうイヤだ。

という声に、やる気を奪われている一面もあります。

でもそれって、すごく自然のことだと私は思っています。

人間にはもともと、

成長したい、
幸せになりたい、
そのためにがんばってみたい、

という前向きな気持ちがある、と私は信じています。

でも、いくらがんばっても、

成長しない、
幸せになれない、
変化しない、

そんなことが現実的に続けば、やっぱり前向きな気持ちを維持し続けるのって難しいと思います。

セラピーにいらっしゃる方たちの多くは、前向きな気持ちと、それをへし折る気持ちが拮抗している状態です。

もともと、クライエントの方はすごく前向きにがんばって、努力しています。
それでも問題が解決しないからこそ、相談にいらっしゃいます。

「もうがんばりたくない」と思うほどがんばっているのに、なんで問題が解決しないんだろう。
この人には、何が必要で、何が不要なのだろう。

そう思いながら、よくよく話を聞いてみると・・・

悩みが解決しない方の多くは、がんばる方向がちょっとだけズレています。

それは相手のテーマなのに、自分がなんとかしようと努力しているとか、
自分の未解決の感情が原因なのに、相手になんとかしてもらおうとしているとか、

せっかくがんばっているのに、そのがんばっている方向が自分が欲しい結果に結びついていないんですね。

なので、そのズレを修正するために、私はセラピーにおいて、その人の個性をすごく大切にしています。

その人が得意なことは十分できているので、

その人に必要だけど本人が苦手意識があるものを、

やりやすく、
続けやすく、
効果が出やすい、

その人の個性、本質に合わせたやり方を一緒に考えていきます。

そうして、その人にあわせたやり方をコツコツ続けてもらいます。

すると、もともとの【がんばり】と【個性にあったやり方】がぴたっとはまって、どんどん成果が出てきます。

また、【個性にあったやり方】がしっかり出来るようになると、再び似たような問題に直面したときに、

セラピーに行って相談しなくても、自分でしっかり対処できるようになります。

もし今、あなたが「がんばっているのに変われない」と悩んでいるなら、

そのやり方はそもそも自分に合っているのか、を確認してみてください。

「本に書いてあった」「ネットで紹介された」という方法でも、それはあくまで一つの例です。

自分に合っていなければ、なかなか結果は出にくいです。

個性にあったやり方で取り組めば、必ず人は変われる、と私は信じています。

どうか、自分らしく、楽しく続けられるやり方を見つけてください。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。