こんにちは、恋愛セラピストのHaNAこと玉川です。

私は、同棲を経験し結婚した一人です。

しかし同棲をはじめたときは、確実な結婚の約束も、具体的な同棲期限も何一つ決めませんでした。
ただ、『今が楽しければいい』『彼と一緒にいられればいい』と、刹那的な感情だけで同棲を決めました。

ソファ

今回はそんな私自身の体験をプラスして、同棲を結婚までつなげる大切なポイントを紹介します。

なお、本記事は結婚する意味を、ある程度自分の中に位置づけた人向けです。
「結婚する意味がまだよくわかっていない」と感じている場合は以下の記事も参考にしてください。
なぜ結婚するのか、その意味を考える

まず覚えておいて欲しいのは、結婚はゴールではない、ということです。
同棲から結婚へのきっかけがつかめないカップルの多くは、結婚をゴールとしてとらえています。

結婚をゴールとすると、必然的に同棲はゴールまでの途中経過になります。

同棲と結婚は、社会的・法律的にはもちろん大きな違いがあります。
しかし、一緒に生活をするという感覚においては、意外にも大きな差はありません。

結婚していようといまいと一緒に暮らす限り、同じ空間で、同じものを見て、同じものを食べます。

生活に必要なお金を稼ぎ、家事を分担し、トラブルが起こればお互いに協力し対処にあたります。

主張が違えばケンカになるかもしれませんが、今すぐ離れることも難しく、ある程度は話し合いで解決していくでしょう。

このように同棲と結婚は、生活を営むという点でほとんど同じ行動をとっています。

つまり、行動的には同棲も結婚も変わらないのです。

この状態で結婚をゴールとして考えてしまうと、途中経過である同棲と、ゴールである結婚がほぼイコールになります。

その結果「結婚する意味ってなんだろう? 今だって一緒に生活してるし、何も変わらないじゃん」となり、『同棲が結婚につながらない』という悩みが出てきます。

そうならないためには、次の2つのポイントが大切です。

1.結婚をゴールではなく、新しいスタートとしてとらえる
2.同棲は、新しいスタートのための準備期間としてとらえる

結婚生活を新しいスタートとすると、同棲は新しいスタートに向けての準備期間として考えることができます。

「新しいスタートを順調にはじめるためにはどのような準備が必要か」と意識することで、同棲生活中に準備すべき、確認すべきことが見えてきます。

具体的な準備すべきこと、確認すべきことは個人、パートナーによってかなり異なるので、この記事では詳しく書きません。
ヒントが必要な方はこの記事(理想のパートナーって、どうやって探せばいいですか?)を読んでみてください。

また、セラピーやワークショップなどを利用することもオススメです。

そうして必要なことが見えてきたら、今のパートナーとの生活の中で実際にやってみます。

お互いを思いやる関係が必要なら、パートナーの小さな体調変化にも意識を向けてみる。
小さなことも話し合いたいなら、寝室のカーテンの色からしっかり話し合ってみる。
困ったときに助け合いたいなら、届かない電球の交換をお願いし、ワイシャツにアイロンをかけてみる。

実際に行動することで、自分たちが望む生活がより具体的、現実的になります。
新たな気づきを得て、不要な価値観を手放し、山あり谷ありの二人の人生を一緒に乗り切る力を少しずつ身につけていきます。

このように同棲を経て結婚への準備がしっかり出来たカップルは、ほぼ例外なく、自然と結婚します。
(もちろん結婚後も、二人で支え合いながら幸せな生活を送っています)

人間は準備が出来ると、自然に次のステージにあがっていくのです。

同棲は生活を共にすることで、そうではないカップルに比べ、二人の仲が良くなりやすい一方、悪くなりやすい面も持っています。

例え途中でつまずき同棲が解消になろうとも、目的意識を持って同棲生活で学んだことは、新しいパートナーと良い関係をつくる糧となります。

それも含めて、同棲は『幸せな結婚をするの準備』のための最高の環境だと私は思っています。

大切なことなので、もう一度言わせてください。

同棲を結婚までつなげたいなら・・・

・結婚をゴールではなく、新しいスタートととらえる
・同棲は新しいスタートのための準備期間とする

充実した同棲生活を送って、幸せな結婚生活を手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。