こんにちは、恋愛セラピストのHaNAこと玉川です。

以前に比べて、最近は書籍やインターネットでもダメんず好きの女性へのアドバイスがとても増えてきました。
ダメんずに困っている人たちのサポートをしている一人として、この変化はとても嬉しく思います。

男性

ただ、そのアドバイスのほとんどが、

『ダメんず傾向がある=速攻捨てなさい!』

という『苦しいものからは逃げろ!』という戦略的撤退をすすめるものばかりであることに、少し違和感を感じています。

もちろん、この記事で書くようなダメんずは、物理的・精神的ダメージが大きいので、基本的には回避したほうがいいと、私は思っています。

・・・ですが、こういう大きい問題は無いけど「ちょっとダメんずっぽいんだよなぁ」と感じる彼と付き合っている場合、深く考えずに『苦しいからすぐ逃げろ』という姿勢には「ちょっと待った」を言わせてください。

パートナーと出会い、付き合い、結婚し、家庭を築き、新しい命を育み、そして死んでいく。
その長い間は、決して幸せなことばかりではありません。

だからこそ『出来るだけリスクの少ない相手を選ぶ』というのは自然な考え方です。

しかし、生きている限り、人の心や環境は変化していきます。

今は収入がたくさんある彼でも、突然のリストラにあって、やる気や元気を失い、ダメんず化するかもしれません。

今は自分だけをまっすぐ見てくれている彼でも、生活の中ですれ違い、浮気相手に安らぎをもとめるダメんず化するかもしれません。

今は「妻子第一」な夫でも、両親の介護をきっかけに「今まで育ててもらった恩を返したい」とマザコン気味なダメんず化するかもしれません。

このように、どんな人でも、変化の可能性を持っています。
未来永劫永遠に変化しない人、問題の起こらない人間はいません。

ダメんずリスクを回避する最高の方法は、彼をダメ状態から卒業させる自分になることです。

例えダメんずがよってきても、自分と一緒にいることで彼がダメ状態を卒業し成長すれば、十分幸せになれるパートナーになります。

この考え方は、ダメんずに限らず、そうではない彼、夫にも同じことが言えます。

「昔の夫はダメんずじゃなかった」なら、以前のよう、もとい、以前以上の夫に成長できるようサポートできる力を身につけてしまえばいいんです。

ダメ状態からパートナーを卒業させる自分になるには、

1.自分の心を整える
(心を整えてみたら、自分には荷が重すぎてムリと別れる気になった・・・これはOKです。)
例:過去の感情を手放す(本当は彼ではなく母親を助けたかった気持ちなど)

参考記事はこちらです。
記憶にないころからの親との関係が、今の人間関係のもとになっている
心の自立を取り戻し、セラピストを卒業するために今からできること

2.相手の成長に効果的な取り組みを実践する
例:話を聞く、ほめる、スキンシップなど

参考記事はこちらです。
相手を成長させる愛、成長させない愛
ダメんずが成長するほめ方、3つのポイント 

と、【自分自身の課題解決】と【相手への行動】の二つの観点で取り組むことが重要です。

例え問題が目の前に現れたとしても、それを解決する力を身につければ、その問題は決して脅威にはなりません。

不安から回避するだけではなく、時には自分たちの力でそれを解決する力は、長い人生を生き抜くためにきっと必要なものだと、私は思っています。

この記事が、パートナーとの今後の関係について迷っている方の参考になれば嬉しいです。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。