こんにちは、
恋愛セラピストHaNAです。

人の成長をテーマにしていると、「相手を信じることが大切」なんて言葉をよく聞きます。

しかしダメんずに対しては、

「『二度と浮気はしない』という彼の言葉を信じたのに、相変わらず浮気を繰り返している」
「『もうギャンブルはやめる』という旦那の言葉を信じていたら、こっそりまたパチンコに通っていた」

など、

『信じてみたけど、また裏切られた!』という現実がよく起きます。

今回はそんな事実をふまえた上で、『相手を信じる』ことについて書いていきます。

ダメんずの成長に取り組むならば、『相手を信じる』ことを正しく理解し、実践するのはとても重要です。

『相手を信じる』を実践するとは、

「あの人は自分の力で幸せになれる」と見守る or 一定の距離をとることです。

受け取っていたはず

・・・ちょっと難しいですかね。

このテーマは『相手を信じない』を実践している人と比較するとわかりやすくなります。

『相手を信じない』を実践している人とは・・・

・彼が作った、自分とは無関係の借金を「とりあえず利子とか怖いし」と言いながら自分が返済する
・なかなか禁煙できない彼に「私も強力する」と言って、喫煙しないようひたすら見張る

この行動の共通点は、

『あなたは一人では何もできない人間です。だから私が全部やってあげるね』

と、彼の問題を全て【彼じゃない他人】が解決しようとしていることです。

このような姿勢をとってしまうということは、

『彼が自分の力で、自分の問題を解決できる』=『自分の力で幸せになれる』

と、心の底で信じきれていないと考えることができます。

むしろ『彼は自分の力では、自分の問題を解決できない』と信じています。

上記の例も、

(彼は一人で借金を返済することなんかできない・・・だから)私が返済する
(彼は禁煙なんかできるわけない・・・だから)私が見張る

こんなふうに心の声がついています。

私はダメんずを育てる女性と、パートナーを束縛する男性は、とても似ていると考えています。

例えば彼女を束縛する男性のセリフをいくつかひろってみますね。

「君は危なっかしくて見ていると心配になってしまう。でも大丈夫、俺がずっと君の側にいるからね」
「君は家の中でニコニコしてさえいればいいんだよ」
「ご飯をつくった? そんな危ないことしなくていいんだよ。君は何もしないでゆっくりしていていいんだよ」
「え、友達と海へ遊びに行きたい? だめだめ、海なんて危険だよ。休みは一日俺と一緒に家にいよう」

一見、彼女を気づかって、大切にしているように見えます。

でももし、ここでの彼女が自分だとしたら・・・

こんなふうに接してもらって、人間として成長できそうでしょうか?

成長には失敗がつきものです。

うまくいかない、失敗した、ダメージを受けた。

そこからいかにして立て直すか、カバーしていくのかを一生懸命考えて、実行する。

このプロセスなしに、人間は成長出来ません。

だから、彼がが失敗しないように、傷つかないように、【彼じゃない他人】が彼の問題を解決しようとする限り、彼は成長のキッカケを掴めないのです。

辛口な言い方で表現すると、
彼が成長しようとするのをジャマしている、と見ることも出来るのです。

もし、あなたがパートナーを成長させたいなら、彼の力を信じて、【彼の成長する場面】を奪わないであげてください。

私が手を貸さなくても彼は彼の力で幸せになれる。
彼は彼の問題を自分の力で解決できる。
何度失敗しても、いつか必ずやり遂げる。

そう信じて、パートナーが失敗の中で必死にもがくのを応援してあげてください。

なお、記事を読んでいる方の中には「パートナーの問題行動によってこちらがダメージを受ける、だから身を守るために行動している」という方もいらっしゃると思います。

そういう方は、パートナーの成長の前に、

「そもそも自分は『やさしい心を鬼にしてまで自衛しなければならないパートナー』と本当に一緒にいたいのか?」
「問題だらけのパートナーの成長を信じ、支える覚悟があるのか??」
「死ぬまで変わらないかもしれないパートナーと一緒にがんばれるのか???」

について、真剣に考えることをオススメしています。

現実問題、人間の成長には膨大な時間とコストがかかります。

だからこそ私は、自分自身が「この人の人間的成長に私の人生を捧げます!」という強い覚悟を持てるパートナーと出会ったときだけ、相手の成長に付き合えばいいと考えています。

「正直、そこまでの覚悟は持てない」
「この人のことは好きだけど、成長するかわからないし、そんなリスクは負えない」

そう感じるときは、パートナーの幸せを願って、相手と違う道を歩き出すことも大切だと、私は思っています。

現実問題と、自分の思い。
この2つをしっかり見つめて、納得のいく答えを見つけてくださいね。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。