こんにちは、
恋愛セラピストのHaNAです。

・酒(飲み過ぎ)
・お金(浪費、ギャンブル、借金など)
・女性(浮気、不倫、キャバクラなど)

この3つのジャンルで「だめんず!」と呼ばれる男性にはある特徴があります。

それは、安全の欲求が満たされきっていないことです。

先に上げた3つのジャンルは、よく「○○依存症」と表現されます。

飲み過ぎ、使い過ぎ、やり過ぎと、冷静に見るとあきらかに過剰なのに、やってもやっても満足せずに繰り返す。
場合によっては、本人ですら、なぜ繰り返し求めてしまうのかわからない。

こういう場合は、大抵何かの代理でそれを求めていることがほとんどです。

実は本当に欲しいものが別にあって、

でも、それはどうやっても手にはいらない…と本人は思い込んでいて、

だから代わりになりそうなものを求めてみた。

でも、一番欲しいものじゃないので、いつまでだっても満足できない。

もっとたくさん手に入れれば満足できるかもしれない。

だから繰り返し求め続ける。

でもでも、やっぱり一番欲しいものじゃないので、いつまでも満足しない=終わらせることが出来ない。

これが繰り返して求めてしまう仕組みです。

 

先にあげた3つのジャンルは、安全の欲求を埋めるための代理となることがあります。

安全の欲求の、【安全】とは「自分はここにいても大丈夫、安心できる」という感覚のことです。
(一般的には子どものころに母親との関係で育つ感覚ですが、家庭内が不安定だったりすると、この感覚を育てることが出来ずに大人になったりします)

依存症と呼ばれる人たちに対して、時に「逃げている」と言ったりしますよね。

この表現はある意味で正解です。

「逃げている」…つまり、普段の生活の中では【安全】を感じられないので、【安全】っぽいものに「待避する」のです。

普段から辛い…だから、お酒を飲んで楽しい気分になる。
普段から不安…だから、お金を使って不安を解消するようなモノを大量に買う。
普段から寂しい…だから、自分の寂しさを自覚しないよう常に複数の女性と付き合う。

そんな人に「いつまでも逃げていないで、もうやめなさい!」と言うのは、

ただでさえ安全が保証されない、傷つけられるかもしれない不安定な世界で、唯一の拠り所を手放せ、と言うのと同じ意味になります。

 

ですので、もし自分のパートナーが先の3つのジャンルの問題を抱えていて、それを卒業させたいと思っているならば、

まずパートナーの、安全の欲求を満たす必要があります。

お酒やお金、複数の女性ではないところに、彼の拠り所を作る…

つまり自分自身が【安全】の欲求を満たす存在となることで、パートナーは問題行動から卒業するきっかけを得ることになります。

笑顔

具体的に、安心できる拠り所とは、

・あいさつがある
・ほめてくれる
・笑顔がある
・失敗して落ち込んだときは、なぐさめてくれる
・ルールがぶれない(同じことなのに、前はほめられたが、次は怒られるなど、ルールに一貫性が無いのは基本NG)
・ダメな行動をとったときは、行動を叱るが、本人自身は責めない(本人と、その行為をわける)

などによって、「ありのままの自分を認めてくれる」「失敗したときも癒してくれる、次のチャンスを信じてくれる」と感じる場所です。

あなたが安心できる拠り所となれば、パートナーは「この人の側は、逃げる必要のない場所なんだ」と、少しずつ安全の欲求を満たしていきます。

パートナーの安心できる拠り所となるためには、まず自分自身の心の中に、しっかりとした安全な拠り所を作る…すなわち自分の安全の欲求をしっかり満たすことが必要です。

自分の安全の欲求が十分満たされれば、その中の一部をパートナーにわけてあげられるようになるからです。
(自分の中に足りていないものは、人に与えられませんからね)

ちなみに、自分の安全の欲求を満たす方法はこちらの記事を参考にしてください。

 自分らしさの追求・・・その前に取り組むべきこと
 実生活で取り組む、承認を受け取るトレーニング

 

この記事を読んでいる方の中には、

「ただでさえ傷ついているのに、なんでそこまでやらないといけないの!」
「そんなふうに受け入れたら、彼は調子に乗って、余計に成長しないような気がします」

と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

その言葉、まったくもってその通りだと思います。
この内容は、育て直しとほぼイコールですので、ここから親の代わりにパートナーに必要なものを与え続けることになります。

問題のあるパートナーを変える、成長させるというのは、それだけ力と時間を必要とする大変な作業なんです。

ですので、私は、基本的には問題のあるパートナーとは関係を清算することをオススメしています。

自分の未完の感情を癒して、新しく、問題の無い人との出会いを求めたほうが、正直ラクですし、早いからです。

その上で私がパートナーを成長させる取り組みを紹介するのは、

「もっと彼のために出来る事があるはずだ!」という難関の道を進む女性を応援すると同時に、

「こんなに大変なんだ。だったらもう、諦めてもいいのかもしれない」と、今のパートナーとの関係そのものを考えるきっかけにして欲しいという思いからです。

どんな道が自分にとって幸せなのかは人それぞれです。

自分の心とじっくり相談し、自分にとって幸せに繋がる道を選んでください。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。