こんにちは、
恋愛セラピストのHaNAです。

セラピーの場では、クライアントが抱えている根っこの感情を探ることも大切ですが、それよりもどうやってその感情を癒していくかを重視しています。

傷ついた感情を癒すには、クライアントがこれまでの人生の中で受け取ってきた【承認】を使います。

承認

【承認】とは、他人から認められたり、受け入れてもらったりした経験を指します。

具体的には、

・ほめ言葉
・お礼
・あいさつ
・笑顔
・ねぎらい
・気遣ってもらった体験
・なぐさめられた体験
・優しい言葉をかけてもらった体験

など、他人からの働きかけによって、

・「認めてもらえた」
・「受け入れてもらえた」
・「安心した」
・「元気がでた」
・「リラックスした」

そう自分が感じたものを全部ひっくるめて、【承認】と呼んでいます。

心の体力をつけ、どんな問題にも対処できるような、どっしりした心をつくるには、この【承認】をしっかり受け取ることが大切です。

人は他人から【承認】を貰うことで、自分の存在を確かめたり、「自分はここにいてもいい、自分は自分らしく生きてもいい」と、自分が幸せになることを許可してあげられるようになります。

辛くて悲しいことが自分の身に起こったとしても、普段から【承認】をしっかり受け取っている人は、感情にどっぷり浸かって落ち込むことが少ないですし、

セラピーでも、傷ついた感情を思い出すと同時に、今まで受け取った【承認】を思い出すことで、感情を中和していきます。

 

生きていくために、体に酸素や水が必要なのと同じように、

生きていくために、心には【承認】が必要なのです。

 

相談にいらっしゃる方たちの中には、この【承認】を受け取ることが苦手な方が結構いらっしゃいます。
(かつての私もすごく苦手でした)

【承認】は自分が元気になるためのエネルギー源です。

ガソリンが無ければ、どれだけ高性能な車も走らないのと同じように、

クライアント本人が実生活の中で【承認】を受け取ってエネルギーに変えていかなければ、どれだけセラピーやイメージワークを受けても、癒しはなかなか進みません。

そこで今回は、実生活の中でできる、【承認】を受け取るトレーニング方法を紹介します。

セラピーの場でも紹介している方法ですので、【承認】を受け取るのが苦手な方、もっと【承認】を受け取り上手になりたい方は、ぜひやってみてください。

1.受け取りたい【承認】をイメージする
今まで受け取れていなかったけど、あらためて受け取りたいと思う【承認】の経験や、今まで30%ぐらいしか受け取れていなかったけど、しっかり100%受け取りたいと思う【承認】の経験を思い出してみてください。

そして、その経験を象徴するモノ、人、言葉などをイメージしてみてください。

例えば、職場で車の販売ノルマを達成しほめられた経験であれば、売った車をイメージしてもいいですし、

「ありがとう」とか「すごいね」とか、そのときかけてもらった言葉でもいいですし、

なんとなく、その経験はまぶしい光のような形をしているような気がすれば、そのまま、まぶしい光のような形でもいいです。

 

2.受け取りたい【承認】を右手にのせる
右の手のひらを上に向けて、さっきイメージした【承認】を象徴するモノ、人、言葉などをそこにのせる…とイメージしてください。

 

3.【承認】がのった右手を、自分の胸に近づける
右手をそのまま、自分の胸の前まで持ってきてください。
これから右手の上のものを自分の中に入れますが、その前に、右手の上のものは入れても大丈夫なものかを確認します。
胸に近づけたときに、なんとなく嫌な感じがする、なんとなく入れたくないと感じたものは、入れなくてもいいです。

4.【承認】を自分の中に入れる
右手を胸にあてて、手のひらの【承認】を自分の中に入れる…とイメージします。
体がぽかぽかしたり、リラックスしたり、心がすっきりしたなどの変化があれば成功です。

 

<番外編>
基本的に【承認】は他人から受け取ることをオススメしていますが、

心の底で人間に対して恐怖感や不信感を抱いている方の場合、他人からの【承認】を受け取ることが難しいことがあります。

そういう方は、

・自然(森に包まれていると安心する、海を眺めていると落ち着く…など)
・動物(ペットの犬を撫でているとリラックスする…など)
・お気に入りグッズ(ぬいぐるみ・クッションに顔をうずめるとほっとする…など)

などから受け取っている安心感、リラックスした気持ちを象徴するモノを右手にのせてください。

上記の例でいうならば、

・森そのものをイメージした緑色の光の玉
・海でおよぐイルカ
・ペットの犬やぬいぐるみ自身

などもOKです。

 

【承認】を受け取ることは、ボールをキャッチすることに似ています。

どんな優しい球でも、誰だって最初は上手受け止められずに、取りこぼしたりします。

でも、何度も何度も受け取る練習をすることで、そのうちどんな球でも受け取ることができるようになります。

【承認】を受け取る機会…ほめられたり、ねぎらってもらったりする経験は突然やってきます。

受け取ることに慣れていない間は、そんな突然やってきた【承認】を受け取り損ねてしまうことも多いかもしれません。

例えその場ではうまく受け取れなかったとしても、イメージの中で何度も受け取る練習を重ねていくことで、次第に実生活の中で上手に受け取れるようになっていきます。

 

なかなか意識しませんが、私たちは普段からたくさんの【承認】に囲まれています。

セラピーだけではなく、実生活の中でも元気になっていくために【承認】は大切な役割を果たします。

【承認】をしっかり受け取って、心が本来持っている力強さを取り戻していきましょう。

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。