こんにちは、
恋愛セラピストのHaNAです。

今回は、ダメんずに関するよくある質問の一つ、

【ダメんずが寄ってこない自分になる取り組み】

について、私の体験談をお話したいと思います。

私がやったことは、大きくわけると、

1.セラピーによる感情の整理
2.自分はもっと幸せになっていいと許可する
3.ダメんずが寄ってきても  対処できる力を身につける(メンタル体力、現実的対処)

の三つです。

1.セラピーによる感情の整理

心の奥底の葛藤

ダメんずを好きになってしまう心の課題を、セラピーで癒しました。

私が持っていた課題は、ダメんずにNoと言えないこと、ダメんずのお世話をすることで自分の存在意義を見いだしていることでした。

自己肯定感がすごく低く、がんばっていない、誰かの役に立っていない自分は生きている価値がない…そんなふうに思っていたんですね。

私の場合は、インナーチャイルドの癒しが足りていないことが根っこでしたので、とにかく自分を癒すことに集中しました。

2.自分はもっと幸せになっていいと許可を出して、実際に行動する

今を楽しむ

こちらの記事(「付き合う前にダメんずを見極める」の限界)にも書いていますが、

私は、ダメんずと引き合う度に「次はこういうことのない人を」とか「次はこういうこともないような人」とか、過去に痛い目にあった人の特徴を持っている人を避けるというやり方をしていたんですね。

しかし、それでも毎回未知なるダメんずとばかり引き合ってしまう。

その理由は、

「こんなダメな自分は幸せになってはいけない」
「だから、幸せにならない相手を選ばなければならない」

という考えが、私の心の中にあったからでした。

「恋愛で幸せになりたい」という気持ちと「幸せになってはいけない」という気持ちがぶつかりあい、

しかも、ここでの「恋愛で幸せになりたい」は「これ以上不幸になりたくない」という意味だったため、

その間をとって「ダメんずと恋愛をする」という結果を生み出していました。

この考え方は当時の自分では意識できておらず、答えに気がついたのもこの考え方が変化したときでした。

当時は、とにかく【不幸】というネガティブなものにばかり視点がいっていて、身動きがとれない状態でした。

そこで、

【不幸にならないようにする】という考え方から【もっと幸せになる】と視点を変えるべく、

「自分は満ち足りた気持ちで人生をおくってもよい」
「そのために必要なものを手に入れてよい」

と、心の中で何度もつぶやきながら許可を出し、ハードルの低いものから実際に行動にうつしました。

最初は、そもそも自分はどんな状態なら幸せで、そうあるためには何が必要なのかを探すことからはじめました。

幸せな恋愛がしたいと言いつつ、そもそもどうしていれば私は幸せなのかを考えたことが無かったので、これはかなり大変でした。

目的に向かいたいと言いながら、どこが目的地なのかわかっていなかったんです。
(当時の私は、ずっと【不幸】ばかり見ていたので、【幸せ】を想像することが出来ませんでした)

ですので、

雰囲気がいいなと思ったカップルがやっていること、
素敵だなと感じた夫婦が心がけていること、

それらを目についたものからどんどん真似して、気に入ったものを生活に取り入れる形で、幸せな恋愛像を作ることに取り組みました。
(シングルでしたので、相手は自分自身です)

例えば、

・誕生日は相手が好きなご飯を用意する=自分の好きなご飯を食べに行く
・相手が帰宅後にくつろげるように部屋をあたためておく=タイマー予約をし、帰ったら部屋があったまっているようにする
・相手が忙しいときは、差し入れのビールを冷蔵庫にいれておく=今週は仕事が修羅場だな…と思ったら、未来の自分のためにお気に入りのジュースを冷蔵庫にいれておく

小さいことかもしれませんが、私にとってはどれも自分に許可していなかったことなので、最初の一歩はとても勇気がいりました。

このように、

幸せな自分探し
 ↓
自分の【幸せ】に視点をあわせる
 ↓
自分の幸せを考える
 
これを繰り返すことで、「自分の幸せを追求してもいい」ことを身体に覚えさせていきました。

1の方法で心に直接アプローチし、2の方法で身体に覚えさせて行くという2つの観点から取り組んだわけです。

3.ダメんずが寄ってきても  対処できる力を身につける(メンタル体力、現実的対処)

ダメんず

次に取り組んだのは、ダメんずと付き合った場合に、現実的に自分にどんな影響があって、どんな対処をしたらいいのかを調べることです。

例えば、借金グセのあるパートナーだった場合、パートナーにとっての最悪のパターンって破産ですよね。

そしたらパートナーはどうなるのかと考えてみます。

ローンが組めない、クレジットカードが持てない、車が持てない…などなどが浮かんできました。
確かに生活に影響ありそうでね。

でもそれって、自分ではなく彼の問題です。

そんな彼と付き合っていたとしても、

私自身が未来永劫ローンが組めないわけでも、車やクレジットカードが持てないわけでもない。

もし彼の深酒が健康に影響を及ぼすぐらいなら、病院など専門家に相談すればいい。
浮気癖がひどいなら、話し合ってみて、相容れないなら別れればいい。

私の気持ち次第で、できることはいっぱいある。

そうやって具体的に想像してみたら、 少しずつダメんずと付き合ったらどうしようっていう恐怖が薄れていきました。

強い恐怖があると、冷静な判断も、自分の気持ちを感じることも出来なくなるので、この対処を学ぶというのは、私にとってとても意味のあることでした。

まとめると、

ダメんずを好きになりにくいメンタルになりつつ、

心と身体の両方で自分に幸せを許可しつつ、

万が一引き寄せても対処ができるようになる。

それがHaNAがダメんず好きから卒業するために取り組んだことです。

では、自分はどうしたらダメんず好きから卒業できるのか。
ダメんずから卒業するために必要な、根本的な取り組み、考え方は何なのか。

それについては、別の記事で紹介致します。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。