こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

 

恋愛がうまくいかないとき。

その原因としてよくとりあげられるのが「罪悪感」です。

 私は悪い子なんだ。
 私はダメなやつなんだ。
 私は冷たい人間なんだ。

そうして「自分には罪がある」とし、幸せになることへのブレーキとなる感情。

それが罪悪感です。

 

 

人間はデメリットしかないものは自然と手放す

人間には、

自分にとって「デメリットしかないもの」は排除し、

「メリットがあるもの」を手元に残す、という性質があります。

 

罪悪感は、小さいころの親との関係の中でつくられることが多いのですが、

その罪悪感も、

「もうこれ、持っててもデメリットしかないな」

と思えれば、自然と手放せると私は思っています。

 

なので、いくらがんばっても、罪悪感が手放せないときは、

罪悪感を持つことに何かしらの「メリット」があるのかもと考えることがあります。

 

今回は、罪悪感がくれる代表的なメリットを2つ紹介します。

 

罪悪感くれるメリットその1:求めても手に入らない苦しさから回避する

たとえば、小さいころ。
もっと親の愛情が欲しかったのに、なかなかもらえなかったとします。

欲しいって願っているのに、それが叶えられない状態って、めっちゃキツいです。

すると、

「自分は悪い子だから、求めてはいけないんだ」

と、子どもは、求めない理由として罪悪感を使います。

求めない理由ができれば、求めることをしなくなります。

求めなければ「求めても手にはいらないツラさ」は起きないので、そのツラさを感じなくてすむようになるからです。

 

罪悪感くれるメリットその2:自分次第で解決できるという希望が残る

「自分は悪い子。
 だから、親からも愛情はもらえないし、求めてもいけない」

その考え方は、裏を返すと、

『いい子になれば、愛情がもらえるし、求めてもいい』という意味になります。

「こういう状況になっているのは、自分に原因(悪い)がある」

「自分の原因をとりのぞけば、状況が変化するはず」

「だから、私にはまだ、親からの愛情をもらえるチャンスがある!」と、希望をもつために、罪悪感を使います。

 

手放せない理由を見つけてあげる

ここまで2つの例を紹介しましたが、

自分では「もうイヤ!いらない!」って思っているけど、

なかなか手放せない感情には、なにかしら「手放せない理由」があります。

 

今回紹介した例では、

「求めても手にはいらないツラさ」

「解決できるという希望がない苦しさ」

そういったツラさを味わったり、受け入れるよりも、

罪悪感を感じていたほうがマシだ(メリットがある)と、無意識レベルで判断し、手放せないようになっていました。

 

手放せない感情は、無理して無くそうとするより、

その感情を持ち続ける理由、得ているメリットを見つけて、

その理由を解消したり、
別のメリットを得られるようにしてあげると、

自然となくなることが多いと、私は思っています。

 

もし、手放せない感情に困っているとしたら、

「手放せない理由」も一緒に探してみるといいかもしれません。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。