こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

 

私自身のメンタルケアを進めていたとき、

ある人に教えていただいた、お気に入りの言葉があります。

 

それは、

「方法として間違ってないんだけど・・・いかんせん、遊び心が足りない」

です。

 

楽しいこと。

苦しいこと。

がんばること。

頼ること。

どんないい取り組みも、それを楽しむ心を忘れてしまえば、それはただの作業です。

 

心の問題に取り組むとき。

自分を成長させたいと、がんばるとき。

誰かを助けたい、変えたいという願いを叶えようとするとき。

 

そういった何かしらの課題に取り組んでいる間は、

ツラくて苦しくて、

「もうイヤだ!」って投げ出したくなることもたくさん起こります。

 

だからこそ、

その取り組みの中に、

ちょっとした遊び心があって、

ちょっとだけ「ふー」と肩の力を抜ける瞬間があると、

「・・・もうちょっとがんばってみようかな」と、

挫折せず、最後まで歩いていけるようになることを私は知りました。

 

自分の中の人間不信と向き合っていたとき、私には、それを楽しむ余裕なんて、これっぽっちもありませんでした。

「一刻も早く、治すんだ」

「一分でも早く、あいつ(私の中の不信感)を倒す(消す)んだ」

そんなふうに、ギッチギチに自分を追いつめて、

余計に「他人が信じられない!」という思いを強めていきました。

 

自分の中の「人間不信」と和解したいと言いながら、

ひたすら戦いを続けていたものですから、

いつまでたっても「人間不信」が無くならなかったんですよね。

 

おちついて考えてみれば、

和解したいんだから、戦いなんてさっさとやめて、

じっくり腹を割って、一緒に酒でも飲むぐらいの感覚で、

自分と向き合えばよかったんだなと思っています。

 

それぐらい、ゆるい感じで「人間不信」と向き合えたら、

「人間不信」の感覚をゆるめる過程をもっと楽しめただろうし、

もっとラクにできただろうなと、そんなふうに思います。

 

 

カウンセラーとしてご相談を受ける立場になってからは、

 

 どっちにしろツラくて苦しい部分もあるんだから、

 少しでも楽しくやろう、

 少しでも気持ちよくやろう、

 少しでも完走できるように工夫しよう、

 そのためには、どんな「遊び」をいれていけばいいかな。

 

そういう気持ちでカウンセリングをしています。

 

修行とか苦行だと、なかなか続かないのですが、

遊びだとね、ちょっと痛くても、楽しいから続けられるんです。

 

ご相談者の方が、

自分らしく挫折しない、楽しい取り組み方を見つけてくれると嬉しく思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。