こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

恋愛について、いろいろご相談をお受けしていると、

やっぱり「結婚」というものが、大きな悩みポイントになることは多いです。

最初は結婚したいと思っていても、

特定の相手ができて、

いざ「結婚」が現実味をおびてきたとき。

『結婚するかどうか』については、たくさんの方が迷います。

 

むかしは、

「結婚する・しない」は、生活に直結する、大きな問題でした。

 

でも現代は、男女ともに「結婚しなくても、生きていける」時代です。

『結婚しなくてもいい自由』があります。

だからこそ「結婚」するかどうかは、自分の意思で決めなくてはいけません。

 

 

もし、仮に。

この世に「結婚」という制度がなくて。

一緒にいて、安心できる友達がいる。
それなりに仕事もうまくいっている。
自分の好きなことや、楽しいことも、いくつか持っている。

そのような状態だったとき、

あなたは、その人と一緒にいたいなぁと思いますか?

 

生活にひもづかない「結婚」は、

究極的に「その人と一緒にいたいかどうか」につきます。

 

同性婚など、LGBTの方のあり方は、まさにそれだと私は思っています。

生活が心配、とか。
親が心配する、とか。
少子化が加速する、とか。

「結婚」について、

大人として考えることは色々ありますが、

まずは「相手と一緒にいたら、楽しそうだな」という実感があるかどうかが、一番重要だと、私は考えています。

 

 

客観的な損得だけで見たら、

正直に言って、「結婚」で得することは、あまり多くないと思います。

自分以外の他人と暮らすって、やっぱり簡単にはいきませんから。

 

だからこそ、その大変さを上回る、

『この人と一緒にいたいなぁ』という感覚が無いなら、

無理して「結婚」を選ぶ必要はないと思っています。

(私自身も、今の相手でなければ「結婚」していなかったと思います)

 

 

実際に「結婚」するかどうかはさておいて。

『自分は「結婚」するかどうか』について、

悩むことは、とてもいいことだと思います。

自分の人生について真剣に考えている証拠です。

 

「めんどくささより、一緒にいたいが勝つ。結婚する!」

「いや、一人のほうがラクだから、結婚しない」

「よくわからないから、結婚してビミョウだったときに考える!」

 

どんな答えでもいいです。

今の自分が、一番納得できる答えを出してもらえればと思います。

(もちろん、後から「やっぱ変える」もアリです)

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。