こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

人間関係で、イヤな気分になったり、

めんどくさいと感じたり、

「なんで私ばっかり!」と腹が立つ。

そういうときは、その出来事や相手から、距離を取ることを、おすすめしています。

 

良くも悪くも、他人との関係で、感情が刺激されるとき、

私たちは、相手との距離がとても近くなっています。

 

距離が遠い人間とは、赤の他人のことを指します。

 

赤の他人なら、スルーできたり、

「なんだよ」と思いつつも、イヤな気持ちを忘れられるのに、

 

同じことを、家族や友人、職場の人にされると、

すごく不快な気持ちになって落ち込んだり、

いつまでもズルズルとイヤな記憶を引きずったりする。

 

そういうことありますよね。

 

これは、家族や友人、職場の人は、赤の他人とくらべて、距離が近い存在だからです。

 

他人との距離が近いと、その関係が良い雰囲気のときは、とても居心地がよくなります。

でも、ひとたび、ケンカや衝突が起こると、とても息苦しくなります。

 

人間関係には、それぞれ、ほどよい距離感があります。

 

その距離が近くなりすぎると、感情的なこじれが起きやすくなり、

一方で、距離が遠くなりすぎると、その関係が継続しにくくなります。

 

人間関係がうまくいかなくなると、

よく「相手を理解しよう」と、相手との距離を近づけようとしがちですが、

「なんか自分ばっかり損をしている気がする」

「なんで私ばっかりがんばらないといけないの!?」

そういう気持ちでいっぱいになったときは、相手との距離が近すぎることも多いです。

 

私たちは、相手との距離が近くなると、相手の気持ちや考え、意志などを、くみ取ろうとします。

 

しかし、相手との距離が近くなりすぎると、

本当は汲み取らなくていいこと、察しなくてもいいことまで、理解してしまいます。

 

そして、察して理解してしまったばかりに、

本当は自分がやらなくていいことを、気遣って、やってしまうこともあります。

 

これが積み重なると、

「私がやらなくていいことを なんで、私はやっているんだ」

という怒りの気持ちが湧いてくるようになります。

 

このパターンで、「私ばっかり!」の怒りに振り回されている場合は、

本来のあるべき距離感の関係に戻すため、相手と少し距離を置いてもらうようにします。

 

距離の取り方はいろいろあります。

 

一緒にいる時間を減らす。

メッセージなどを見る時間を減らす。

など、物理的に距離を取る方法は比較的すぐできます。

 

物理的に距離を取ることがむずかしかったり、

物理的には離れているのに感覚的に離れている気がしない、

などのときは、心理学的なアプローチで、精神的に距離を取る方法も検討します。

 

最初は、相手と距離を置くことに、嫌悪感や罪悪感、さびしさを感じることもあるので、

ちょっと大変な場合もありますが、

そこをうまく切り抜けて、少しずつ相手との距離を取っていくと、

あんなにイヤだった気持ちが、すーっと消えて、フラットな気持ちでいられるようになります。

 

フラットな気持ちでいられる距離。

それが本来あるべき、相手との距離感です。

 

本来の距離感を取り戻すと、

自分のメンタルが安定してくるだけじゃなく、

元凶だった人間関係の、風通しがよくなって、

人間関係があるべき形に戻り、いい雰囲気になることもあります。

 

人間関係で、しんどくなったけど、別に、相手との関係を断絶したいわけじゃない。

そういうときこそ、あえて距離を取ってみるのは、結構オススメです。

 

もしよかったら、参考にしてみてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。