こんにちは。
恋愛セラピストのHaNAです。

今回はお客様の声をご紹介致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。
この前HANA先生に、セラピーでお世話になったS.Yです。
感想を伝えたくてメールしました。

HANA先生に、インナーチャイルドの事について、教えて頂いて以来、ものごとを楽観的に考えれるようになった気がします。
私は今まで過去の自分が嫌いで、全く考えないようにしていて、誰にも知られたくない、自分は変わったんだ、と思うようにしていました。
そして、恋愛に依存したり、感情的になりすぎたりする自分は、自分の忍耐力や頑張りが足りないんだと思っていました。

しかし、
ま だ、ワークを始めて三日ぐらいなので、インナーチャイルドとコミュニケーションをとるのがまだ難しく、うまくイメージができないときもありますが、「昔 の自分を受け入れていいんだ。」ということが感じられた事、また、その受け入れ方が分かった事で、かなり楽になりました。
これからも、ワークを続けて、自分のインナーチャイルドとつながり、自信をつけていきたいです。

ありがとうございました。

S.Yさん(女性)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

S.Yさん、ありがとうございました!

>私は今まで過去の自分が嫌いで、全く考えないようにしていて、誰にも知られたくない、自分は変わったんだ、と思うようにしていました。

かつての私も同じような気持ちでいっぱいでした。

こんな不完全で何もできない、人に迷惑ばかりかける自分なんて大嫌い。
人生がうまくいかないのは、努力が足りないから、まだまだ頑張れていないから。
自分の過去を知る人をすべて切り捨てて、新しい自分に変わるんだ。

そんな風に自分の弱い部分を無かったことにして、一生懸命あがいていた時期がありました^^ゞ

自分の中の小さい頃の自分を、インナーチャイルドと呼びますが、
どんなにインナーチャイルドを嫌っても、それは自分自身ですから、絶縁することも完全に分離することもできません。

むしろ嫌えば嫌うほど『行かないで~』と全力で追いかけてきて、結果自分の中がドロドロの内紛状態になります。

自分の中がドロドロの内紛状態ということは、自分自身とうまくコミュニケーションできていないということです。

自分とすらうまくコミュニケーションできない状態で、問題のあるパートナーとくっついた日には…

感情面において、【インナーチャイルド–自分–問題のあるパートナーの三つ巴】になり、不安や苦労、辛さなどは倍々で膨らんでいきます。

ですので、問題のあるパートナーと向き合うときは、最低限【インナーチャイルド–自分】がうまくコミュニケーションできる状態からスタートしたほうが良いんですね。

大きい問題に取り組むときは、できるだけ問題を小さくしてから取り組むのが、必勝パターンですよ~。