こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

私は、運動はおろか、

一人で引きこもって、アニメ見て、ポテチ食べて、ごろごろするのが好きな、超インドアタイプです。

 

一方で、私の旦那は、

運動大好き、友だちみんなでワイワイ遊ぶの大好き。
一番好きな運動はスキー! シーズン中は、可能な限り毎週行きたい!!

みたいな、超アウトドアタイプ。

 

旦那は、基本的に私を、運動に無理やり誘うことはありませんし、私も「一緒に行きたい」ということはほとんどありません。

「友だちと、テニスに行ってきていい?」と旦那に聞かれれば、

「どうぞ、どうぞ! 私のことは、心配しないで!!」と私はウキウキしながら、

AmazonのFire TV Stickの電源を入れて、引きこもりの準備をはじめます。

 

そんな旦那ですが、唯一、スキーだけは「一緒に行こう」と、私を連れて行こうとします。

 

旦那と一緒に住み始めて、最初の数年は断っていたのですが、

ブーツも、板も、ウェアなどの道具一式を全部用意し、

ホテルやバス、車などもすべて手配し、

現地で教えてくれる人も呼び、

私は体一つあればいいというところまで、旦那がやってくれたのを見て、

 

「…そこまで、言う(やる)なら、行ってみようかな」

「そもそも、好きか嫌いか判断するほど、スキーやったことないから、一回ぐらいは行ってもいいかな」

と、気軽な気持ちで行ってみたのが、今から数年前の出来事です。

 

そして現在。

私は2019年の12月だけで、すでに2回、旦那と北海道へスキーに行くことになっています。

 

…いや、あのですね。

実は、数年前に、ほぼ初めてのレベルでスキーに行ったんですけども…

そこでびっくりするぐらい、スキーできなかったんですよ…。

 

まず、板をはいて歩けない。移動できない。

体がガチガチで転ぶことすらビビり、転んだら腰がひけて立てない。

それはもう、いい大人が無様なものでした。

 

そのとき思ったのです。

 

「このまま、もうスキー行かないって言ったら、『できない』から行かないって言ってるんだなって思われてしまう…」

「どうせなら、人並みにできるようになってから堂々と『ふふん、私は、インドアのほうが好きなのよ』って引きこもりたい!!!」

という、無意味なプライドと、

 

「基本的に、なんでも好き勝手やらせてくれる旦那が、あれだけ「行こうよ」と誘ってくるんだから、できれば叶えてあげたいよね」

という、旦那への想いから、

 

『人並みにできるようになるか、私が心底イヤになるまで、続ける!!』と。

 

これは、あきらかにマニア好みのやり方で、

心の底からオススメしませんし、

ぜひ参考にしないで欲しいのですが、

私にとって、スキーは肉体レベルのトラウマ治療にも、ちょうどよかったんです。

 

まず寒さ。

冷えた空気の中にいるだけで、なんとも言えない怖さが増し増しで、「恐怖」を取り扱うのにいい練習になりました。

 

それから、自然相手ということ。

初心者用とはいえ、リフトで登ると、基本的に自分で降りないかぎり、帰ることができません。

「あー。怖い、イヤだ、帰りたい」
「なんで、登っちゃったんだろうなぁ…あぁ…もう…」

泣こうが、わめこうが、後悔しようが、そこにあるのはただ一つ。

『自分で降りなきゃ、帰れない』

不本意だと、しぶしぶ降りようもんなら、痛い目をみるので、イヤでも目の前の現実に集中しなければいけません。

そういう、いい意味でのあきらめから、頭を切り替える練習にもなりました。

 

他にも、限界状態になりやすいのをいいことに、今でも心理的なノウハウを試しています。

 

私が、そんなアレコレを試していることは、旦那は知りませんが、

「…そろそろ、こっちの板に変えない?」
「今日は新しいブーツね」

と、ちょいちょい、私のスキー環境を変えていくので、

 

その度に、

「ちょ、まじ!? やっとこの板で、バランスとれるようになったのに!?」と、

新しい環境に適応する練習に集中することになり、それがまた新しいトラウマ治療体験になっていきます。

 

そんなこんなで数年過ごしていますが、

今なお、

 

「寒いところは怖いし、イヤだし、

 でも、できるようになってからやめたいし、

 でもでも、やめるっていったら、旦那悲しみそうだし、

 そもそも、運動したくないって、実はトラウマなんじゃね…?」

 

みたいなことを、ごちゃごちゃ考えながらリフトにのって、

『ま、いっか。とりあえず、ふもとに降りよう』
『とりあえず、お昼のビーフシチューセット食べてから考えよう』

と、スキー場で過ごしています。

 

 

私がスキーを通して、やっていることは、

基本的に、いい意味で「あきらめる(受け入れる)」練習でもあります。

 

寒いのがイヤでも、今いる場所は寒いので、寒いと受け入れる。

やめたいけど、できずにやめるほうがイヤなので、「できないままやめる」ことをあきらめる。

トラウマのせいにして運動できないと言ってても、ふもとにおりられないので、「トラウマのせいにする」ことをあきらめる。

みたいな感じです。

 

このいい意味で「あきらめる(受け入れる)」ことを説明するときに紹介する本の一冊が、

諸富祥彦さんの「人生を半分あきらめて生きる」です。

 

いつも紹介する本はノウハウ重視なのですが、この本は哲学書的な傾向が強いです。

読む人を選んでしまう本ですが、

「あきらめてもいい」というキーワードに、何かピンとくるものがあれば、お役に立つ本かもしれません。

 

よかったら、参考にしてみてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。