こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

「都合のいい女の特徴ってなんですか?」
「私は都合のいい女になっていませんか?」
「都合のいい女をやめたいです」

などなど、

『私は相手にとって、
 都合が良いだけの存在になっているんじゃないか』

『都合のいい女をやめたい』

というご相談を受けることがあります。

 

自分が都合のいい女になっているかどうか。

相手が自分を都合よくつかっているかどうか。

 

そういったことを確認する方法の一つとして、

「私を都合のいい女として見ているかもしれない」と感じる相手と会うときに、相手の話にあわせる、相手の雰囲気に同調してみる、というものがあります。

 

相手の話に合わせながら、話の内容を吟味するのではなく、

「この人は、どんな表情で話している?」

「しゃべり方は早口? 遅め? 」

「リラックスしている? 緊張している? どんな感じ?」

「話すとき、どこを見てる? 視線をあわせようとしてる?」

などなど、話している相手をじーっと見て、声のトーンや雰囲気、視線の先などを観察するのです。

 

もし、相手がウソをついていたり、こちらをうまくだまして都合よく利用しようとしているような場合は、相手の態度に違和感を感じる場面が出てきます。

話している言葉と、それを語っている相手の雰囲気がチグハグになっているからです。

会話が不自然なところで止まったり、ギクシャクした感じにもなったりします。

 

実際に試してみると実感するのですが、

だまそう、ウソつこう、利用しようと思っている相手から、

「うんうん、そうなんだね」と相槌だけ打たれて、じーっと見つめ返されると、

会話って続けにくいんですよね。

 

一方で、変な下心なく、対等な関係をつくろうと思っている相手から、

じーっと見つめられて「うんうん、そうなんだね」と相槌を打たれると、

会話は盛り上がりやすくなります。

 

違和感を感じるからといって、必ずしも「私を都合よく利用しようとしている!」とまでは断言しませんが、

基本的に、違和感を感じる場面が多いときは、要注意レベルを高くします。

 

「都合のいい女にならない方法」の中には、きっぱりとNOを言う、もっと好きに自由に生きる、というのがあります。

 

ただ、他人から都合よく使われてしまう人は、

良くも悪くも、他人や世間、周囲の意見を受け入れやすい特徴があると、私は思っています。

『「自分で何かを決断して、他人になんと言われようとそれを貫く」のが、メンタル的にキツくなってしまう』タイプの方です。

そういうタイプの方にとって「きっぱりNOを言う」や「自由に生きる」というのは、ハードルが高い部分もあるかなと、私は考えています。

 

ですので、

あえて「他人の意見を受け入れやすい特徴」を活かして、

思いっきり相手の雰囲気に同調してみることで、都合よく利用されにくい体質になるほうが、

取り組みやすいかなと思っています。

 

相手の雰囲気に同調できるようになると、

都合よく利用しようとする人には嫌煙されますが、

本当にあなたといい関係をつくりたいという人とはうまくいきやすくなります。

 

よかったら参考にしてみてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。