こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

今よりも人間不信が強かったころ。

私は、他人とほどよい距離を作るのが、ものすごく下手でした。

 

「他人とは仲良くしたほうが楽しい(だろう)し、仲良くするには近づかないといけない」

「でも、いつ、なんとき、目の前の人が敵になるかもわからない…」

 

そういう気持ちがあったので、他人と距離を縮めつつも、他人との距離が近くなると、過剰なまでに自衛するという、とても矛盾したことをしていました。

 

そんなころの私が読んだら、きっとホッとしただろうなという本を見つけました。

つかず離れずいい関係(和田秀樹)

このコラムを書いている2019/11/15には、Amazonでもレビューがついていませんでした。

(私の好きな商品やサービスのほとんどは、不人気ですぐ店頭から姿を消すんですよね…)

個人的には、それなりに良書だったと思っています。

 

 恋人、家族、職場…あらゆる人間関係においては、他人との距離が近すぎるからこそ、相手と感情的にもつれてしまう。

 だから、ドライでいられる関係まで距離を取ろう。

 距離をとることで、風通しがいい関係になる。

 人はほどよく離れるほうがわかりあえる。

 特定の人に好かれるより、たくさんの人を好きになる生き方を大切にしたい。

そういった感じの内容が書いてあります。

 

子育てや介護なんかでは、顕著ですが、保育所や介護施設に、子どもや親をあずけたほうが、お互いにおだやかでいられることってありますよね。

これこそがまさに「距離をとることで風通しがいい関係になる」だと思っています。

 

学校での子どものいじめは、クラスが一緒になったばかりでは起きず、だんだんと心の距離が近くなってから起きます。

職場でのパワハラも、会社に入ったばかりのときはお互いに様子見をしていますが、仕事に慣れてきたり、相手の人となりをなんとなく知って、ヒエラルキーができてから発生します。

家庭内DVも、家庭の外、赤の他人にDVすることはほとんどありません。DVの標的になるのは、家の中、家族という近い存在です。

などなど、距離が近いことで、いらぬ軋轢や、感情的なもつれが起こる場面って、実はたくさんあります。

(だからこそ、人間関係でトラブルが起きた時は「とにかくまずは相手と距離を取る」というのが一番大切なのです)

 

とはいえ、

「相手と距離を置くのは冷たいじゃないか」
「そんなことしたら、相手がかわいそうじゃないか」

という気持ちが湧いてくることもあります。

そういった言葉で、自分の中の不信感をなんとか押さえつけ、なんとか他人との距離を近づけようとしていたのは、まさに昔の私です。

 

そんな昔の私に、この本はこう伝えています。

和田秀樹『つかず離れずいい関係』新講社,2019年,p.87
「人と人は、ある程度の距離を置いたほうが本当はわかり合えるし、好きな人、愛する人とも長くいい関係が保てる」

 

本当は距離をとりたいのに「他人と距離を置いてはいけない」という禁止令に苦しんでいた私には、とても染みる言葉です。

『なんだ、そっか。距離を置いてもいいんだ』
『だって、相手といい関係できたらいいなって思っているんだもの』

そう思って、肩の力が抜けるだろうなと思います。

 

人間関係でのトラブルに関わらず、

カウンセリングで「感情」に関する問題を解決するときは、「感情」に飲み込まれないよう、その「感情」から距離を取るという手法を使います。

 

外在化、ディソシエイト、マインドフルネス、瞑想…こういったものも「感情」から距離をとる方法の一つです。

 

今回ご紹介した本にも、他人とうまく距離を取る方法がいくつか書いてあります。

もし、他人との距離の取り方にお困りでしたら、参考になるかもしれません。

 

よかったら手にとってみてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。