こんにちは。
心理カウンセラーの玉川です。

 

 

「あの…本当に、本当に心の底から、結婚したいと思っていますか?」

「結婚したいけど、なかなかうまくいかない」

「彼氏つくりたいけど、どうしたらいいかわからない」

「彼女が欲しいとは思うけど、そういう人に出会えない」

そういうご相談を、たくさんいただきます。

 

ただ、お話を聞いていく中で、

『…本当に結婚したいのかな?』と、ふと感じるときがあります。

なんというか、

「自分は本当に、それが欲しいんです!」

という、強い気持ちみたいなのを、感じきれないときがあるんです。

 

気持ちと行動が繋がっていないかも。

そういうときは、思い切って、クライエントさんご本人に、聞いてみます。

「あの…本当に、本当に心の底から、結婚したいと思っていますか?」

「理由はよくわからなくても、いいんですけど、本当に彼氏つくってみたいなぁって、感じていますか?」

 

もちろん私の勘違いであることもありますが、そこから、よくよく、聞いていくと、

「親や世間が結婚しろって、子ども産めって言うし…」

「自分の時間なくなるのイヤなので、一人でいるほうが好きだから、ぶっちゃけ、彼氏はいない方がラクかも、って思ってます…」

みたいなお話になることもあります。

 

「結婚したいと思っていない」自分の気持ち。

「結婚するためにがんばろうとする」自分の行動。

それぞれが、つながっていないパターンです。

 

 

 

 

まずは「本人がしたいこと」の整理から。

この状態で、何かしようとしても、苦しいだけで、うまくいかないことがほとんどです。

なので、こういうときは、そもそもの「本人がしたいこと」について、一緒に整理することが多いです。

 

ご相談に来ている時点で、「結婚」や「彼氏、彼女をつくる」ことに、

本当に、

まったく、

興味ゼロ!っていうことは、少ないので、

 

「本人がしたいこと」の方向性を確認した上で、あらためて、

本人が、「結婚」や「彼氏、彼女」に求めていることを整理していきます。

 

すると、

「結婚するために、何をしたらいいのか」

「彼氏や彼女をつくるために、自分にできることは何か」

みたいなのが、自然と出てきます。

 

もちろん、

「結婚せずに、仕事をがんばる!」

みたいな話になることもありますが、

 

どんな話の流れになっても、最初のころの、

『結婚したいけど、どうしたらいいかわからない…』

みたいな漠然とした不安は、クライエントさんの中で、だいぶ軽くなっていることが多いです。

 

やることが具体的になると、それだけで、安心するんですよね。

 

自然体で、無理しない関係が長く続くコツ

安心すると、体から変なりきみが抜けたり、張り詰めた雰囲気がゆるんだりします。

他人の言葉に振り回されることが減ったり、落ち着いた行動ができるようになったりすることも増えます。

 

すると、本人の雰囲気がよくなるので、いろいろな場面で、他人からも好かれやすくなります。

その雰囲気は、本人が持っている自然なものです。

その状態を維持していると、その雰囲気に惹かれた恋人ができそうな気配が出てきます。

もともと持っているものに惹かれていって恋人関係になると、無理しない関係でいられるので、とてもラク、かつ長続きすることが多いです。

 

よかったら、参考にしてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。