こんにちは。
恋愛セラピストのHaNAです。

 

——————————————————————————–
・ウチは共働きで、私もフルタイムで仕事をしているので、どうしても家事をする時間が足らないんです。

・旦那は家事をあまり手伝ってくれないし、私も仕事が終わったあとだと疲れちゃって、少しでも時間があるなら眠りたいって思っちゃって、家の中が乱れちゃうんです…
——————————————————————————–

 家事

今回は、そんな仕事も家事も頑張っている女性に、パートナーとの絆を深めるという視点で、家事に手を抜く方法をご紹介します。

 

家事…と一口に言っても、その中身って様々ですよね。

でも大きくわけると、

 

・洗濯
・食事の支度
・掃除

 

この3つに分類できるかと思います。

 

つまり、衣食住ですね。

 

好きな服を着て、
美味しいものを食べて、
居心地の良い家でくつろぐ。

 

…想像しただけで、リラックスしますね~。

 

衣食住が揃っているだけで、人間はとても安らかな気持ちになります。

だからこそ、衣食住を整える家事は大切ですし、家事担当の妻は家族の安らげる場所を作るために、家事にいそしむわけです。

 

さて、

衣食住が”全部”整っていれば、確かに人間はリラックスしていい気持ちでいられます。

 

しかし、衣食住の中で”自分の中で優先度が高いところ”が整えられているだけでも、人間は満足感を得ることができます。

 

例えば…

 

・ファッションに高い興味を持つ人は、お気に入りの服がしっかり『洗濯』されていると嬉しい

 

・食べることが好きな人は、仕事で夜遅くなっても自分好みの『食事』が出てくると、「あしたもがんばろう」とやる気がでる

 

・インテリアにこだわりがある人は、『キレイに整えられた』お気に入りのソファに横になるのが、なによりの楽しみである

 

などなど、です。

なので、もしあなたが、

 

『時間が無くて家事が出来ない。でも夫に幻滅されるのはイヤ…
 なんとかほどよく手をぬいて、夫に満足してもらう方法は無いかしら…』

 

と思っているなら、

 


旦那さんが衣食住の中で、最も興味を持つものに力を注いでみてください。

 

最初は他のところを捨てる勢いでやってもいいです。
(全部やらなきゃ~と思う方は、それぐらいの気持ちで取り組んだほうがバランスが取れます)

例えば、

 

・仕事着のスーツにこだわりがあるなら、こまめにクリーニングに出してクローゼットの中を整頓する


・食べることが好きなら、素材にこだわって身体に良いものを作る


・ミニカーが好きなら、並べている棚のホコリをこまめにはらう


・仕事上がりのお風呂が長い人なら、風呂場の鏡を磨いたり、タイルのカビ対策をしっかりやる


・ソファに座りながらDVD鑑賞するのが趣味なら、テレビのホコリをはらって、ソファのクッションをふかふかにする

 

どうですか?
やることがぐっと具体的になって、これぐらいならなんとかなりそう、という気持ちになってきませんか??

 

人は、やることが山積みになると、どうしていいかわからず立ち往生してしまうことがあります。

 

しかし、その山積みの中で何が『大切』なのか、何を『優先』すべきかを決めると、意外と何とかなったりします。

 

ぶれずに集中して一つ一つに取り組んでいくと、脳が力を発揮しやすくなるんですね。

やることはしっかりやって旦那さんを癒し、他はちょっぴり力を抜いて、楽しくがんばっていってくださいね。

…と、さら~と書きましたが、
実はこれって、けっこう高等なテクニックなんです。

なぜなら、これを行うには下記のような前提が必要だからです。

■旦那さんが『最も興味を持つポイント』を知っている

『ウチの旦那は風呂、メシ、寝るしか言わないから、何が優先度が高いのかわかりません』

 

という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

そういう場合は、家事がどうのという前に、パートナーとの関係性で何か取り組むべき課題がある可能性があります。

 

まずは『本当に自分は、旦那が興味を持つポイントがわからないのか』をしっかり考えてみてください。

 

どうしても出てこない…というときは、セラピーやコメント欄でも対応していますのでお気軽にどうぞ。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。