離れたほうがいいと、わかっているはずなのに

家族、友達、職場、恋人。
どんな場所、どんな関係でも「あの人には近づかないほうがいいよ」と言われる人はいます。

理由はさまざまですが、それが、

・お金を要求してくる(さりげなく、ご飯やジュースなど、小さなものを奢らされていることも含む)

・学校の課題や、仕事の業務などを、丸投げしてくる(責任を押し付けてくる、いざというとき逃げる・知らんプリをする)

・お酒を飲むと見境なく暴れたり、トラブルを起こす

・浮気グセ、不倫グセがなおらない(誠実な付き合いをしない)

と、現実的に、周囲に迷惑をかける人であれば、やっぱりそれは近づかないに越したことはありません。

でも実際は、そういう「キケンな人」「ひどい人」に近づいてしまう人、離れられない人がいます。

「このままじゃいけない」と頭ではちゃんと理解しているのに、なぜだか、彼らから離れることができない。

それには大きく3つの理由があります。

 

 

 

 

自分の中に「同じような部分がある」から

こう書くと「自分は、お酒を飲んで暴れたいのか?」と考えてしまいがちですが、それはちょっと違います。

例えば、その「ひどい人」が、お酒を飲んで暴れているのは、

『シラフのときは自分の意見を言えず、ガマンしていて、お酒を飲んだときだけ「暴れる」という形で発散している』

ようなこともあります。

その場合、「同じように普段から、ぐっとガマンしているけど、そんな自分に気づいていない」人は、どうしても目の前の「ひどい人」が気になってしまいます。

自分も本当は「ガマンせずに、自由にやりたい!」って思っているからこそ、それをやっている人から目が離せなくなります。

もしこのパターンにハマって困っているときは、

『あの人にとって、お酒を飲んで暴れることにはメリットがあるとしたら、それはなんだろう?』
『それが、私にも関係あるとしたら、それはなんだろう?』

と自分に問いかけてみると、解決のためのヒントが見えてくるかもしれません。

過度なポジティブシンキングで苦しくなっているから

「他人には平等に接しなくてはいけない」
「他人を見下してはいけない。みんなすばらしいんだ。世界に感謝」

そういうポジティブシンキングは、とてもステキだと思いますが、
やりすぎるあまり、自然と湧いてくるネガティブな感情を、感じないようにしている人がいます。

例えば、怒りや憎しみ、悲しみ、軽蔑などです。

感情は、基本的に、自分の意思とは関係なく、勝手に湧いてくるものです。

そもそも感情には、いいも悪いもありません。
それは、あとから、人間が勝手に分類しただけです。

なので、「ポジティブ」と呼ばれる感情を重視し、
「ネガティブ」と呼ばれる感情を無視しつづけると、

そのアンバランスさに、無意識が悲鳴をあげます。

そしてバランスを保つために、追いやられた「ネガティブ」と呼ばれる感情を起こすため、
そのトリガーとなりやすい「ひどい人」に意識を向けさせます。

「ひどい人」のそばにいると、どうしても「ネガティブ」な気持ちになるからね。

このパターンにハマって困っているときは、

まずは、怒ったり、憎んだり、悲しんだり、軽蔑というネガティブな気持ちをしっかり感じることが、解決への近道です。

その「ひどい人」が他人を巻き込む、無意識使いの達人だから

世の中には、自覚なく、悪意なく、他人を巻き込む「ひどい人」という人がいます。

彼らは、やさしい人、誠実な人の心の隙を、無意識レベルで、うまーくつついて、

「見捨てたらかわいそうだし」と罪悪感を植えつけたり、
「 私がいないと、ダメなんだから」と母性を利用したりしながら、

自分から離れていかないように、 うまい具合に、立ち回ります。

このパターンにハマっている場合は、自分一人での解決は、かなり困難です。

基本的な解決方法は、その「ひどい人」に巻き込まれないぐらい距離を取ることなのですが、
それができれば、そもそも困っていないですよね。

そういうときこそ、カウンセリングを含めて、第三者から客観的に見てもらうのがいいですが、それもむずかしいかもしれません。

物理的に距離をとるのも有効ですが、これが家族や職場の人だと、そうも行かない場面もあるかもしれません。

なのでまずは、

『あの人の人生は、あの人のもの』
『私の人生は、私のもの』と、

小さな声でいいので、繰り返しつぶやいてみることをオススメします。

これは近くなりすぎた「ひどい人」と、 心の距離を取るための言葉です。
自分にやさしく教えてあげるようにつぶやくと、より効果が出やすくなります。

よかったら試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

他にも、このような心理を中心とした、お役立ち情報をお届けしています。

ご興味がある方は、こちらの無料メルマガ
「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」にご登録ください。

定期的に、メールで情報をお届け致します。

購読解除は、いつでもメルマガの巻末からできます。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。