相手の気持ちを知ろうという気持ちは、間違っていない。

彼氏が欲しい。結婚したい。彼や夫と一緒の時間を楽しく過ごしたい。
彼の考えていることを、ちゃんと理解したい。
一方的に愛されるのではなく、私もちゃんと彼を愛したい。

そういう純粋な思いが最初にあったからこそ、相手を良く知るために「男性心理」の勉強をはじめたのだと思います。

まず、その気持ちは、間違っていません。
男女に限らず、相手のことを知る努力は、愛があるからこそ、できることです。

それは、幸せになるための、健全な努力です。

それが、いつの間にか、その努力がしんどくなっていることがあります。

「なんで、私だけがこんなに男性心理を勉強しないといけないのか」

どんよりとした気持ちが、少しずつ心の中を支配していき…

「もうめんどくさい!」

今まで学んだことをすべてを、投げ出したくなることもあります。

 

 

 

 

男性心理の勉強に疲れてしまうのはなぜ?

よくある原因は「成果が出ているのかよくわからない」ことですね。

たくさん勉強して、それなりに行動もしているはずだけど、どうもそれが、日常の中で成果がでている感じがしない。

なんとなく、男性受けは、いい感じがするけど、微妙な反応すぎて、たまたまなのか、学んだことがヒットしているのか、わからない。

努力した結果がわからない。がんばった成果を実感できない。

そういう状態が続くと、人間だれでも、徒労感やむなしい感じがでてきます。

男性心理について、本やネットなどの書籍での情報収集がメインで、飲み会や合コンなど実際の男性との関係の中での経験値があまり多くないと、このパターンにハマりやすくなります。

このパターンで困っている場合は、できれば特定の男性を(心の中で勝手に)決めて、まず、その人をまっすぐ観察してみましょう。

やさしいとか、仕事ではみんなのサポート役っぽいとか。
意外と字がキレイとか、普段は静かだけど会議ではよく話すとか。

そしてそれらの特徴を持つ「男性心理」にしぼって、あらためて学び直します。
現実的な男性を基準にすると、リアルの場で「あ、そういう意味だったんだ」という体験ができます。

その体験が、学ぶことを楽しく感じさせてくれるので、一時的な徒労感に悩まされることが少なくなります。

受け入れ続けることに疲れてしまうのはなぜ?

「否定せず、笑顔で受け入れてくれる女の子が好き」
数ある男性心理の中でも王道ですね。これも間違っていないのですが、使い方に注意が必要です。

この内容を、下のような意味でとらえてしまうと、ものすごくツラいパターンにハマります。
(ダメんず系の男性ばかりを引き寄せることにもなります)

『嫌なことでも、ぐっとガマンし、100パーセント彼に合わせてくれる女の子が好き』

そのやり方は『自分を裏切って、ひたすらつくす犠牲女子』になるからです。

本来の意味はこんな感じです。

・嫌なことは嫌だけど、ヒステリックに爆発しないで、会話で伝えようとしてくれる
・自分(彼)と一緒にいることを心から楽しんでくれた上で、笑顔でいてくれる

そういう、しなやかな、自然体の女性を意味しています。

このパターンを続けていくと、いずれガマンが限界に達します。

「めんどくさい!」
「もうやだ、なんで私ばっかり!!」
「こっちばっかり、男性心理を勉強して負荷がかかるなんて、おかしい!!!」

ぐっと飲み込んできた気持ちが『私は被害者だ!』という形で、大爆発します。

100パーセント相手にあわせる生活をしていたら、どれだけ心が広い人だって、こうなります。

もしこのパターンで疲れてしまったときは、ためてしまったガマン(本当は自分がどうしたかったのか)を、自分で受け止め、消化してあげることが最優先です。

その上で、もう一度、男性を受け入れられる女性になりたいと思ったときは、本来の「しなやかで自然体の女性」イメージを実現することを考えていきましょう。

一般的な男性心理は、あくまで一例と心得るべし。

男性心理と一言でいっても、その内容は膨大です。
それらすべてが、実際の男性たちにすべてあてはまるとはかぎりません。

「女性はただ共感してれば、いいんでしょ」
「花とか甘いもの買っていけば、よろこぶんでしょ」

女性だって、こんな風に杓子定規に決めつけられたら、いい気持ちはしないですよね。

「ちゃんと、私個人のこと見てよ!」って思いますよね。

男性も同じです。
最後には、一般的な心理ではなく、その人個人がどうなのか、が重要になります。

男性心理は、マニュアルとして採用するより、「あぁ、そういう傾向がある人もいるんだな」ぐらいの感覚でいる方が、肩の力が抜けて、ほどよく活用できる場面が多いと思います。

ぜひ、楽しみながら、学んでみてください。

 

他にも、このような心理学を中心とした、お役立ち情報をお届けしています。

ご興味がある方は、こちらの無料メルマガ
「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」もご登録ください。

定期的に、メールで情報をお届け致します。

購読解除は、いつでもメルマガの巻末からできます。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。無料メルマガ「友達ゼロからはじめる恋愛入門以前」の登録はこちら。