こんにちは、恋愛セラピストの玉川です。

みなさま、大変お待たせしました。

無事、今年の大学の授業がすべて終了しましたー。
わー、ぱちぱちぱち。

まだ結果は出ていませんが、あとは祈るだけです。

大学の授業の何がツラかったって、

昼休みにご飯を食べなきゃいけないこと。

普段は時間ではなく、お腹が空いたらご飯を食べるという生活なので、

時間になったら胃にモノをつめこむというのは、かなり苦行でした。
胃が荒れ荒れになっちったよ・・・orz

これでやっと、お腹が空いたときにご飯が食べられる。

実は、今回の授業期間中に、一つの課題に挑戦してみました。

それは・・・

友達を作ること。

正直、私の中には、人間を信じていない一面があります。

まぁ、ぶっちゃけ恐がりなんです。
(痛いのも、苦しいのも好きじゃありませんから)

だから初対面の不特定多数相手に、自然と心を開いて、友達になるのって、かなりハードルが高かったんです。

仕事ならぜんぜん平気なんですよ。

SEとしての私、
セラピストとしての私、
セミナー講師としての私、

みたいに、何かの皮をかぶっているときは、ぜんぜん気にならないんです。

一方で、

何の役も持たない素の自分で、見知らぬ相手と友達になるなんて・・・

それ、なんて苦行? 状態なんです。

そんな私が友達を作ろうだなんて挑戦したのは、旦那の一言がきっかけでした。

旦那 「自分から心開かないと、信頼関係なんて出来ないよ」

ぐさっ!

旦那は、人間的に素敵な友人が多いタイプです。
人との交流を大切にしていて、職場でもどんどん味方ができて、飲み会にもガンガン誘われる人です。

そんな人に言われるそのセリフ。

刺さる・・・っていうか、えぐられる?
それぐらい心に、どすっ!ときました。

人間不信の克服は、私にとって大切なテーマです。

私個人としてもそうだったし、

セラピーにも、人間不信、男性不信、女性不信・・・色々な不信を持っている人がたくさんいらっしゃるし。
(不信系の克服って、時間もかかるし、難しいんですよ)

だから、不信系の癒しは今なお研鑽を積んでいるのですが・・・

それでも旦那のセリフに、反射的に思いました。

「それが出来れば苦労は無いんだ」

この考え方が、自分の可能性を潰していることもわかっています。

でも、出来ないものは出来ないんだ。

でもでも、一応不信感は癒したつもりだし、やっぱりいつかは挑戦してみたいし・・・

・・・なら、大学でやってみようかな。

・・・失敗しても、どうせ同じメンバーとは4日でサヨナラだし(こら)

というわけで、

実に自分勝手な理由で、お友達作ってみようプロジェクトを実行してみることにしました。

今回の【友達を作る】というのは、ただ友達になればいいわけではありません。

素の私で、という前提がつきます。

素の私で、とは、

セラピストであったり、友達が多い旦那の妻であることを知らない状態で、

仲良くなりたいと思った直感を信じて、

良くも悪くも、素直に言いたいことを言って、

対等な立場で、

という意味です。

難易度たけー。

でも、この状態って、実は普通らしいですよ。

友達が多く、順調な恋愛している人たちはそろって「え、それって普通じゃないの?」とおっしゃいます。

はじめてきいたときは「マジかよ!」とカルチャーショックでした。

それを目指して、4日間×3科目、12日間を過ごしてみました。

具体的な方法は長くなるので割愛しますね・・・すいません。

結果だけ言うと・・・

友達出来ました。

うまく関係が作れなかった人もいました。

でも、関係が繋がった人もいたんですよ。

あんなにワガママなのに。

こんなに自分勝手なのに。

友達って出来たんですよ。

マジかよ!!!!

嬉しいっていうか、拍子抜けでした。
あんなに、バラエティ豊富な言い訳し続けてきたのに。

今までの苦労って何だったのよ・・・orz

この経験から学んだことは、

やっぱり人間不信って癒せるし、

ありのままの自分でも、友達ってできる。

でした。
今回挑戦では、いくつか仮説を立てて、実体験で検証もしましたので、
今後は、他の人間不信系を持っている人たちの役に立てるような形にしてアウトプットしていきますね。
(記事も長くなっちゃったし)
ということで、今後とも玉川をよろしくお願いします〜^^

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。 セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。