2017年の秋ごろから、
いろいろなことを実験的に試していました。

 

その中で、

「実は、モテ期って人工的に起こせるのでは?」

という仮説にたどり着きました。

 

ある方法をとりいれたクライアントさんたちの中で、

 

なぜだか、
男女限らず「モテはじめました」という報告をもらうことが増えたんです。

 

最初は、とてもおどろきました。
そもそも「モテるようになる」つもりで、やっていたわけじゃなかったので。

クライアントさんに、

とても大切なことを教えてもらった2017年でした。

 

そんなモテ期を体験している、

あるクライアントY.Tさんの感想をご紹介します。

 

あれから、夫との関係も、職場もいい感じです。

職場では、チームの人と、週に2回ぐらい、ランチに行ってます。
私から誘うこともあるし、向こうから誘ってくれることもあります。

短い時間ですけど、ネットニュースの話題をまったり話したり、
仕事のことで弱音をはいたり、向こうの悩みを聞いたり、

すごく気軽な付き合いで、リフレッシュしています。

 

さそわれても、いっしょに行けないときは、
自然と「ごめんなさい」と「ありがとう」が言えています。

 

そしたら、ちゃんと次のお誘いが来るようにもなりました。

 

あいかわらず、一人のランチも好きですが、
みんなとのランチも、どっちも楽しめている感じです。

 

仕事でも、向こうのことがわかるようになって、必要なときは、フォローもします。

 

私が困っているときは、向こうから声もかけてくれます。
そういうときは、思い切って、お手伝いをお願いしています。

だから、ちゃんと仕事が終わって、変な残業が減りました。

 

なんというか、仕事で周囲と協力するって、こういうことなんですね。

この年齢でそんなこと思うなんて、ちょっと恥ずかしいですが、

そういう、

普通のやりとりができるようになったんだなって、うれしくなります。

 

みんなと同じようなタイミングで仕事も終わるから、そのあとみんなで飲みに行くこともあります。

予定があるときや、夫と過ごしたいときは断りますが、たまにはいっしょに飲みに行きます。

 

たまに、同僚の男性と、二人で飲みにいくこともあります。

最初は、デートみたいな気持ちがして、年甲斐もなく、ドキドキしてました。

 

はなさんが、ときめいた気持ちは、心の栄養にしていいって言ってくれたので、

 

ドキドキしたときは、ちゃんとその場を楽しむようにしています。

 

正直、不倫や浮気みたいになるんじゃないかって、心配したこともありました。

 

ときめいた自分に、ウソをつかないようにすれば大丈夫だって教えてもらいましたが、

しばらくしたら、本当に落ちついていられるようになりました。

 

ちゃんと、ときめきを感じて、でも大人として対応もできるなんて、すごく、うれしかったです。

 

夫とは、いっしょに過ごす時間は、減りました。
でも、いっしょにいる時間は、前よりも、ずっとおだやかで、楽しいです。

 

家の外で、他の男性にドキドキすればするほど、私は夫のことが本当に好きなんだなって思います。

前にはわからなかった夫からの気遣いも、今はわかります。

 

そのたびに、自然と「ありがとう」って、口が勝手に言っています。

そのおかげか、おみやげを買ってきてくれることや、
外食で、夫が全額払ってくれることが増えました。

いっしょに歩いていると、夫から、手をつないでくれるようになりました。

もちろん、つなぎたいときは、私からつなぐこともあります。

 

自然と「ありがとう」が言えるのって、前の私からは考えられなかったので、本当におどろきです。

そんなこと絶対にできない、ムカつく!って思ってたので。

 

でも、今は、ありがとうって言うのって、いいなって感じです。

 

他にも伝えたいことが、いっぱいあります。

今まで、ずっと一人で楽しむことばっかり考えてきましたが、
これからは、誰かと過ごす楽しさも、いっぱいやっていきたいです。

 

Y.Tさん、ありがとうございます。
感想の掲載許可もくださって、本当に嬉しい限りです。

これからも、いっぱいいっぱい、誰かと一緒の幸せも楽しんでください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。
セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。