こんにちは。
恋愛セラピストの玉川(HaNA)です。

あるセッションで、使った例え話です。

fda50a847ae41b0a2cf7f8d20267f76e_s

・・・・・・

「チョコ食べたーい」(むしゃむしゃ)
「運動したくなーい」(ごろごろ)

ぶくぶく太る。

「かわいい服きたーい」「脂肪ジャマー」
「エステの脂肪吸引でとってもらおー」

エステティシャンに脂肪をとってもらう。(せっせ、せっせ)

「わーい。その脂肪の処理よろしく〜」

「かわいい服着れるー」「楽しいー」
「チョコ食べたーい」(むしゃむしゃ)
「運動したくなーい」(ごろごろ)

ぶくぶく太る。

「脂肪ジャマー」「とってー」

エステティシャンに脂肪をとってもらう。(せっせ、せっせ)

「わーい。じゃあ、その脂肪の処理、よろしく〜。

「かわいい服着れるー」「楽しいー」
「チョコ食べたーい」(むしゃむしゃ)
「運動したくなーい」(ごろごろ)

ぶくぶく太る。

「脂肪ジャマー」「とってー」

以下、無限ループ。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

他人に感情を押し付けられている人っていうのは、ここでいうエステティシャン。

エステの看板かかげてやっているならともかく。

ちょっとした親切心を出しただけで、何度も脂肪(いらないもの)を押し付けられ。

自分とは関係ないものを、一生懸命、処理させられたとしたら。

イラっとしても、不思議はないと、個人的に思ってます(苦笑)

自分で生産した脂肪は、基本的に、自分で燃焼。
自分の中で生まれた感情は、基本的に、自分で消化。

それがメンタル美人の秘訣です(笑)

なので、もし。
あなたの手元に、誰かに押し付けられた感情があったとしたら。

まるっと、相手に返してあげても大丈夫ですよ。

あ、もし「いえ、この感情は使うんです!」っていうときは、遠慮なく受け取ってくださいね。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。 セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。