こんにちは。
恋愛セラピストの玉川(HaNA)です。

2014年12月に、女と男の心のヘルスさん主催のAIDセッションに参加しました。

以前、AIDセッションを受けてくださったA.S.さんから、2回目を感想を頂きましたのでご紹介します〜^^

(受けて良かったと思えた点はどんなところでしたか?)
1回目に言われたことの疑問点の解消ができたこと。黙とうなど、普段できる方法を教えてもらえたこと

(あえて(もしあれば)こうすればもっとよい、と思う点はありますか?)
はじめは、お互いに沈黙が多く、どう進めたらいいか戸惑ってしまうこと

(誰かに勧めるとしたら、どんな人に勧めますか?)
深刻な悩みを抱えているひと

(今回の件とは関係なく、こんなサービスがあったらいいな、と思うものはありますか?)
このサービスは良かったです。他には特に思いつきません。
メール相談もあればいいのにと思っていましたが、受けてみたら、やり取りの中で見えてくるものがあるのでメールだと難しい気がしました。

(ほかに、何か書きたいことがあったらお書き下さい。)
普通のカウンセリングがもっと安価だったらいいのにな、とは思います。どうもありがとうございました。

A.S.さん、ありがとうございました^^

『はじめは、お互いに沈黙が多く、どう進めたらいいか戸惑ってしまう』

沈黙って、けっこう、ドキドキしますよね。

私も、クライアントのときはもちろん。
セラピストになってからも、しばらくは沈黙が不安でした。

沈黙になると、さ。

よくもわるくも、自分の中の声が聞こえてくるんだよね。

 不安、怖さ、とまどい、悲しみ。

 嬉しさ、楽しさ、おだやかさ。

自分の中の、いろいろな気持ちが、声となって、聞こえてきます。

そういう意味では、自分と向き合う時には、めっちゃ大事なものなんです。

・・・が。

ふだんの生活では、沈黙を味わう時間なんて、ほとんどないので・・・

慣れないうちは、やっぱり嫌な感じがしちゃうんだよね^^;

あ、ちなみに。

心が整理されてくると、他人との沈黙が、心地よく感じたりするようになります。

沈黙が不安な方、もしいらっしゃったら、参考にしてもらえると嬉しいです〜。

この記事を書いた人

玉川 華世
玉川 華世心理カウンセラー
恋愛、友達関係を中心に、人間関係をテーマにしたカウンセリングを行う。 セッションの時間外、日常での中の取り組みを重視し、本人の基礎力をコツコツあげるスタイルに定評がある。